Mac OS Xのバージョンについて

Mac OS Xのバージョンについて


2013年6月10日に開催された「WWDC 2013」で、アップルが次期OS X「OS X 10.9」の発表が行われました。この記事はMac OS X – ウィキペディア – Wikipediaを参照して、Mac OS Xの歴史を少し振り返ってみます。

MacOS X Public Beta (Kodiak)

Appleが2000年9月13日(米国と欧州で)にリリースした、Mac OS Xの初の公開ベータ版OSです。2001年の販売予定のMac OS X v10.0に先駆けて発売をし、ユーザに試用してもらい、フィードバックのために提供されました。


MacOS X v10.0 (Cheetah)

ベータ版からさらに改良を重ね安定性が向上しましたが、DVD再生機能等がなく処理スピードも非常に遅く、完成度は低かったバージョンです。


Mac OS X v10.1(Puma)

2001年9月25日、Mac OSX v10.1 がリリースされ、10.0のユーザへの無償更新サービスが行われました。DVD再生機能等基本的な機能が追加され、システム性能も大幅に向上され、実用的に使える初めてのバージョンとなりました。また、MicrosoftやAdobeからも対応ソフトが提供され実用性も増しました。


Mac OS X v10.2 (Jagar)

日本では商標の問題でJaguarは製品名に付けられませんでしたが、スプリングフォルダ機能が復活等Finder機能の改良が施されました。動作速度が上がり対応機器が増えて、Mac OSXを業務用途でも利用するユーザが増えました。また、ビデオチップを利用してCPUの負荷を軽減する「Quartz Extreme」、ネットワーク機能「Rendezvous」(現・Bonjour)、手書き文字認識「Inkwell」等新機能も実装されました。2003年に初めてAppleのウェブブラウザ「Safari」が登場しました。


Mac OS X v10.3 (Panther)

システムの安定性や処理速度がさらに向上し、OSXではウィンドウ一覧表示機能「Exposé」が初めて搭載されたバージョンとなります。デザイン、出版分野への導入が進み始めました。


Mac OS X v10.4 (Tiger)

リアルタイムイメージングインタフェース「CoreImage」「Core Video」64ビットオーディオインタフェース「Core Audio」モデルレイヤ「Core Data」が導入されました。機能面でも、システムに統合されたメタデータ検索機能「Spotlight」、WebKit ベースのアプリケーション実行環境「Dashboard」のほか、200 以上の新機能を搭載しました。


Mac OS X v10.5 (Leopard)

後継バージョンMac OS X v10.6以降はIntel Mac専用であり、当バージョンはPowerPCで動作する最後のMac OS Xとなった。新機能については、バックアップ機能「Time Machine」、仮想デスクトップ「Spaces」、Windows起動ツール「BootCamp」、Finderから直接ファイルの中身を確認できる機能「Quick Look」、Finderの表示方法に「Cover Flow」が追加される等、現在利用可能な機能が数多く搭載されました。


Mac OS X v10.6 (Snow Leopard)

本バージョンからIntelベース機専用となり、PowerPCでは動作しなくなりました。さらに64bit化が進み、主にパフォーマンスと安定性に注力し、オペレーティングシステム全体が大幅に小さくなりました。また、v10.6.6からは、アプリケーションをダウンロードできる「MacApp Store」が利用可能となりした。


OS X v10.7 (Lion)

Exposé、Dashboard、Spacesの各機能は新たな「Mission Control」に統合され、ウィンドウのフルスクリーンモード、ランチャーLaunchpad、iOSとの連携ができるiCloud等が搭載されました。また、完全に64bit環境への移行がされ、32bitプロセッサを搭載したMacはインストールできなくなりました。


OS X v10.8(Mountain Lion)

2012年2月16日に発表され、7月25日に Mac App Store でダウンロード販売を開始しました。この版から正式名称もOS Xとなりました。メッセージングサービス iMessage、リマインダー、通知センター、メモ、Game Center等、iOS 5で提供されたアプリや新機能が Macintosh でも利用可能になりました。




OS X v10.9 (Mavericks)

2013年6月10日に開催されたWWDC 2013で発表され、デベロッパプレビューも同時に公開されました。200以上の新機能が追加され、一般向けには2013年秋頃リリース予定です。世界中のユーザ様がみんな期待していますね。



Tips & Wiki
Magican:Mac App Storeから本日のフリーソフトと割引ソフトを取得

Magican:Mac App Storeから本日のフリーソフトと割引ソフトを取得

Mac App Storeには数多くのMacソフトが掲載されていますので、多くのMacユーザはそこからソフト情報を把握します。そこで必ずご希望のアプリを見つけると言えます。なお、Magicanとは関係があるでしょうか?答えはイエースです。なぜかというと、Magicanはソフトウェアセンターという新機能が追加しました。それはMac App Storeでの本日のフリーソフトと割引ソフト情報を取得する機能です。

お使いのMacにフリーソフトと割引ソフトをダウンロード

お使いのMacにフリーソフトと割引ソフトをダウンロード

貴方は素晴らしい機能満載のMacを楽しんでいるかもしれません。ただし、より多くの機能を体験したいなら、もっとMacソフトをダウンロードする必要があるでしょう。

Magicanを利用してソフトを即刻にアップデート

Magicanを利用してソフトを即刻にアップデート

一般的に言いますと、ソフトの最新バージョンはきっとバグ修復、新機能追加等色々と改善するに違いません。ですから、できるだけ早く新機能を体験したいなら、ソフトアップデート情報を随時に把握するのは大事です。

割引ソフトの情報を提供するMagican新機能

割引ソフトの情報を提供するMagican新機能

オンラインゲームがより鮮やかな画面と豊かなゲーム環境を提供することは疑う余地はないです。ですから、多くの人は子供の時からネットゲームに引か付けられました。ネットゲームをやる時、たくさんの喜びをもらった一方、多くのお金も浪費しました。

Mac App Storeから割引ソフトを取得する方法

Mac App Storeから割引ソフトを取得する方法

Windowsの代わりに、Mac OS Xが好きな人がますます多くなります。そのおかげで、Mac App StoreでのMac用ソフトも豊かになりました。Mac App Storeでの多くのアプリが強力で、面白いです。しかし、そのほとんどがたくさんのお金を払う必要です。この面からMacユーザにお金を節約する方法がいくつかあります。ご参考になればと思います。

Macアプリへの費用を節約

Macアプリへの費用を節約

Macアプリを選ぶ時、Mac App Storeから答えを求めるユーザが大勢います。でも、Mac App Storeでの割引ソフトを選択することはちょっと不便です。この時、Magicanはお役に立つかもしれません。

  5   6   7   8   9  10  11   12   13   14