Mac OS Xのバージョンについて

Mac OS Xのバージョンについて


2013年6月10日に開催された「WWDC 2013」で、アップルが次期OS X「OS X 10.9」の発表が行われました。この記事はMac OS X – ウィキペディア – Wikipediaを参照して、Mac OS Xの歴史を少し振り返ってみます。

MacOS X Public Beta (Kodiak)

Appleが2000年9月13日(米国と欧州で)にリリースした、Mac OS Xの初の公開ベータ版OSです。2001年の販売予定のMac OS X v10.0に先駆けて発売をし、ユーザに試用してもらい、フィードバックのために提供されました。


MacOS X v10.0 (Cheetah)

ベータ版からさらに改良を重ね安定性が向上しましたが、DVD再生機能等がなく処理スピードも非常に遅く、完成度は低かったバージョンです。


Mac OS X v10.1(Puma)

2001年9月25日、Mac OSX v10.1 がリリースされ、10.0のユーザへの無償更新サービスが行われました。DVD再生機能等基本的な機能が追加され、システム性能も大幅に向上され、実用的に使える初めてのバージョンとなりました。また、MicrosoftやAdobeからも対応ソフトが提供され実用性も増しました。


Mac OS X v10.2 (Jagar)

日本では商標の問題でJaguarは製品名に付けられませんでしたが、スプリングフォルダ機能が復活等Finder機能の改良が施されました。動作速度が上がり対応機器が増えて、Mac OSXを業務用途でも利用するユーザが増えました。また、ビデオチップを利用してCPUの負荷を軽減する「Quartz Extreme」、ネットワーク機能「Rendezvous」(現・Bonjour)、手書き文字認識「Inkwell」等新機能も実装されました。2003年に初めてAppleのウェブブラウザ「Safari」が登場しました。


Mac OS X v10.3 (Panther)

システムの安定性や処理速度がさらに向上し、OSXではウィンドウ一覧表示機能「Exposé」が初めて搭載されたバージョンとなります。デザイン、出版分野への導入が進み始めました。


Mac OS X v10.4 (Tiger)

リアルタイムイメージングインタフェース「CoreImage」「Core Video」64ビットオーディオインタフェース「Core Audio」モデルレイヤ「Core Data」が導入されました。機能面でも、システムに統合されたメタデータ検索機能「Spotlight」、WebKit ベースのアプリケーション実行環境「Dashboard」のほか、200 以上の新機能を搭載しました。


Mac OS X v10.5 (Leopard)

後継バージョンMac OS X v10.6以降はIntel Mac専用であり、当バージョンはPowerPCで動作する最後のMac OS Xとなった。新機能については、バックアップ機能「Time Machine」、仮想デスクトップ「Spaces」、Windows起動ツール「BootCamp」、Finderから直接ファイルの中身を確認できる機能「Quick Look」、Finderの表示方法に「Cover Flow」が追加される等、現在利用可能な機能が数多く搭載されました。


Mac OS X v10.6 (Snow Leopard)

本バージョンからIntelベース機専用となり、PowerPCでは動作しなくなりました。さらに64bit化が進み、主にパフォーマンスと安定性に注力し、オペレーティングシステム全体が大幅に小さくなりました。また、v10.6.6からは、アプリケーションをダウンロードできる「MacApp Store」が利用可能となりした。


OS X v10.7 (Lion)

Exposé、Dashboard、Spacesの各機能は新たな「Mission Control」に統合され、ウィンドウのフルスクリーンモード、ランチャーLaunchpad、iOSとの連携ができるiCloud等が搭載されました。また、完全に64bit環境への移行がされ、32bitプロセッサを搭載したMacはインストールできなくなりました。


OS X v10.8(Mountain Lion)

2012年2月16日に発表され、7月25日に Mac App Store でダウンロード販売を開始しました。この版から正式名称もOS Xとなりました。メッセージングサービス iMessage、リマインダー、通知センター、メモ、Game Center等、iOS 5で提供されたアプリや新機能が Macintosh でも利用可能になりました。




OS X v10.9 (Mavericks)

2013年6月10日に開催されたWWDC 2013で発表され、デベロッパプレビューも同時に公開されました。200以上の新機能が追加され、一般向けには2013年秋頃リリース予定です。世界中のユーザ様がみんな期待していますね。



Tips & Wiki
Magicanは全面的にMacを管理

Magicanは全面的にMacを管理

現在、このインターネットの世界で様々なアプリがあります。仕事関連、エンターテイメント関連、教育関連等様々なアプリが私たちのコンピュータライフを豊富してくれます。なお、あるアプリを利用して、お使いのMacを管理する気がありますでしょうか。

Macパフォーマンスのメンテとスピードアップ

Macパフォーマンスのメンテとスピードアップ

Macの実行が遅くなってからクリーンアックを行い始める人が大勢います。定期的にお使いのMacをクリーンアップして、きっと多くのメリットをもたらせると考えられます。ゴミをクリーンアップ→より多くのメモリが解放→Macパフォーマンスがスピードアップという形で、お使いのMacの調子が良くなることを実現します。

重複ファイル削除の最高の方法

重複ファイル削除の最高の方法

ほとんどのコンピュータには、重複ファイルが存在しています。無用な重複ファイルを削除することは、ほかのプログラムに大きなスペースを節約できます。ですので、無用な重複ファイルの削除は必要があります。これは、コンピュータのレスポンスの改善にもいい方法であるます。

Macintosh用のオールインワンソフトウェア

Macintosh用のオールインワンソフトウェア

科学技術の発展につれて、Macには次第に多くの機能を追加されました。ですので、Windowsの代わりに、Mac OS Xを使用したいユーザもますます増えています。ただし、Mac OS Xがどんなに便利になっても、 Macソフトウェアは欠かせないものです。

適度に休憩して作業効率をアップ

適度に休憩して作業効率をアップ

「光陰矢の如し」という諺があります。時間は矢のようにあっという間にすぎていってしまうですので、毎日頑張らなければなりません。昔、人を励む時、警告時よく使います。しかし現在、様々なストレスが溜まっていて、長時間で働かなければならない人が大勢います。

簡単にアプリをアンインストール

簡単にアプリをアンインストール

多くのMacユーザがよくアプリのアイコンをゴミ箱に入れる方法でアプリをアンインストールします。けど、この方法は完ぺきではありません。なぜならば、この方法で、一部のアプリ関連ファイルがまだディスクやシステムに残っている可能性があります。ゴミ箱に入れる以外、何かいい方法がありますでしょうか。ここで、アプリのアンインストールツールをご紹介いたします。

  7   8   9   10   11  12  13   14