MagicanはMacアプリのアンインストーラーとして利用

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

Mac OS Xでアプリケーションを削除する方法は基本的には、アプリケーション本体と該当するファイルをゴミ箱に入れればいいのですが、初期設定や各種設定ファイル等の関連ファイルが色々なところに散らばっている場合があります。


Mac OS Xの多くのアプリケーションでは、アンインストーラーはついていないので、そのあたりが不安になる場合もあるかと思います。それが心配な場合は、削除ソフトを使いましょう。


MagicanはMac アプリのアンインストーラーとして、アプリ及び関連ファイルを完全に削除できます。操作は簡単で、ワンクリックでMac アプリの削除を実現します。ワンクリックだけで、お使いのMacでインストールしているすべてのプログラムやプラグイン、スクリーンセーバーが検出されて、表示してくれます。


並び順は、デフォルト(アルファベット順)、サイズ(大きいから)、時間(前回使用した時間)という三つの順番が提供します。自分の需要によって、並び順を選択できます。






アプリの名称を分かっている場合は、アプリ名を入力してそのアプリを検索できます。


バージョン、サイズ、すべてのプログラムの場所を見つけます。ファイルパスは、ファイルの確認に役立ちます。また、プログラムのアイコンをクリックして、それを実行できます。


アプリの削除は非常に簡単です。削除したいアプリの右端にある「アンインストール」ボタンをクリックして、アプリケーション本体と該当するファイルがポップアップで表示されます。チェックを入れる項目は削除してください。


また、アプリをゴミ箱にドラッグして削除するユーザが多いので、Magicanは削除したアプリの残りファイルを検出する機能を追加しました。Magicanメインウィンドウが実行する場合、あるアプリがゴミ箱に入れたら、Magicanは、その残りファイルをクリーンアップするかと提示します。簡単に削除したアプリの残りファイルをクリーンアップします。一点だけ補足したいことがあります。それは、メインウィンドウが実行する場合のみ、こういう提示が出てきます。


Mac アプリや関連ファイルの削除には、Magicanは結構便利なツールだと思われます。もし気に入っていただければ、無料ダウンロードしてみてください。