Macシステムのドック

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

Windowsと違って、Mac OS Xには、アプリケーション、ファイル、フォルダー、最小化ウィンドウ、ゴミ箱等を含める対話型のリストがあります。それはWindowsのデスクトップの全てのショートカットの集まりです。その表示形式は設定可能です。例えば、マウスが離れる時そのリストを非表示するとか、「Command」+「Option」+「D」でその表示または非表示を設定するとか。そして、そのリストの位置も設定できます。モニターの底部か左側か自由に選択することができます。

このリストは「ドック」と言います。ドックはあるラインでアプリケーションリストとゴミ箱二つの部分を分けています。

ドックにアプリケーションまたはファイルを追加するには、ただそのアイコンをドックに移動するだけで結構です。また、ドックからアプリケーションまたはファイルを削除するには、ドックからそのアイコンをドラッグするだけでいいです。これで、アイコンがドックから消えますが、アプリケーションまたはファイル自体が同時に削除されなくて、まだ元の場所に保存されています。

ドック上のファイルのアイコンをクリックするだけで、ファイルを開くことができます。もし、ドックでより多くの操作をしたいなら、そのアイコンを右クリックしてください。アプリにはドックにの操作機能が設計されたら、右メニューが現れます。Magican Monitorを例として説明いたします。ドックにネットワーク速度を表示したいなら、Magican Monitorのアイコンを右クリックして、「Dock Icon」での「Show Network Speed」を選択したら、ネットワーク速度がドックでのアイコンに表示されます。

ファイルやアプリケーションを削除するには、そのアイコンをゴミ箱にドラッグするだけで結構です。iPod、CD、DVD、または他のデバイスを取り出すにも、アイコンをドラッグするだけで完了。この時、ゴミ箱のそのアイコンはイジェクトアイコンとなっています。