Macでプロセスを強制終了する方法

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

アプリが応答なし状態になると、不安を感じるでしょう。この時、ユーザーとしてできることは、アプリの応答を待つか、もしくは直接に強制終了するか、この二つしかありません。プロセスを強制する方法と言えば、多くのユーザーは、一つの方法に慣れています。けど、アプリを迅速に強制終了する方法は他にもいくつかあります。




以下につきましては、アプリが応答なしの時、アプリを強制終了する方法をご紹介します。


1.最も便利なのは、ショットカットキーの「Command + Option + Shift + Esc 」を利用することです。二秒ぐらいで強制終了します。


2.アクティビティモニタを利用して、プロセスを強制終了します。アクティビティモニタを起動して、ウィンドウで終了したいアプリを選択して、右上の「プロセスを強制的に終了します」ボタンをクリックするだけで、簡単に終了できます。


3.「Option」キーを押しながら、Dockでのアプリのアイコンを右クリックして、強制終了という選択肢が見えます。強制終了を選択したら、プロセスを強制終了します。


4.Magicanでプロセスを強制終了します。Magicanのフローティングウィンドウの情報ウィンドウで、各プロセスの右端の閉じるボタンをクリックして、プロセスを強制終了します。


5.「 Command+ Option + Esc 」で、アプリケーションの強制終了ウィンドウを開いて、アプリを強制終了します。


6. ターミナルでプロセスを強制終了すること。ターミナルを起動して、【killall「プロセス名称」】(例:killallSafari)を入力してから、「Enter」キーを押したらそのプロセスを強制終了します。しかし、この方法でデータを自動保存しないので、データ紛失の恐れがあります。十分ご注意ください。


簡単ながら、プロセスを強制終了する方法をまとめました。ご参照になれば幸いです。上記の方法をご活用ください。