Macアプリを完全に削除する方法

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

お使いのMacで、あまり使われないアプリがあるでしょう。インストールした後、あまり使わないため、こういったアプリの存在を忘れるかもしれません。このまま長く続くと、お使いのMacで、いらないアプリたくさん溜まってきます。なので、いらないアプリを完全に削除するのは必要になります。


Mac ユーザの一部は、以下の手順に従ってMac アプリを削除します。


1.「Finder」を開いてください。左の「アプリケーション」をクリックして、お使いのMacでインストールしているアプリが一覧表示します。


2.全てのアプリはアルファベット順に並べています。削除したいアプリを簡単に見つけます。


3.削除したいアプリを右クリックして、「ごみ箱に移動」を選択してください。もしくは、そのアプリをゴミ箱にドラッグすればいいです。


なお、アプリをアンインストールする方法はアプリを削除するだけ、と思ってはいませんか?実は設定等の情報を記録したファイルはアプリとは別の場所にあって、アプリを削除した後もひっそりとそこに眠り続けているのです。こういったファイルは手動でも消せますが、探すのが面倒ですし、消し忘れがあるとすっきりしません。そこでアプリとその関連ファイルを、まるごと削除してくれる便利なツール「Magican」をご紹介します。


Magicanのソフトウェアタブで、「アンインストール」というサブメニューをクリックして、お使いのMacでインストールしているアプリが全て一覧表示されます。アプリの名称、サイズ、バージョン、パス等の情報が提供します。それに、そのアプリはどのぐらいの期間で使われないか、という情報も提供します。



手動でアンインストールしたら、初期設定や各種設定ファイル等の関連ファイルが色々なところに散らばっている場合があります。アプリの残りファイルがたくさん溜まっていくと、Mac動作が遅くなる可能性が高いです。この時、MagicanのクリーナータブでのクイックスキャンはMacのお掃除をお手伝いします。アンインストールしたアプリの残りファイルを徹底的に削除します。




この便利なMacお掃除ツール「Magican」があれば、Macアプリとその関連ファイルの削除が非常に簡単になるでしょう。さっそく公式サイトから無料ダウンロードして、お試してください。