シンプルなソフトと多機能なソフトの比較

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

ソフトの機能から見ると、Macアプリが多くのカテゴリーが挙げられます。Macソフトウェアは、シンプルなソフトと多機能なソフトと分けられます。この二種類のソフトの比較を通して、それぞれのメリットとデメリットをわかります。


多機能なソフトは、その名の通り、多くの機能を提供します。ユーザーが同時に多くの操作が実現可能で、時間を節約できます。例えば、MagicanというMacシステムオールインワンユーティリティ系ソフト。Macクリーンアップ、システム状態監視、インストールしているアプリのアップデート提示、App Storeの割引情報提供、ウイルス検出・駆除などなどの機能が備えています。その多機能をご利用になる時、自由にインターネットサーフィンや休憩など他のこともできます。一方、シンプルなソフトであれば、そんなに気楽ではないかもしれません。まず、多くのシンプルなソフトを一々開く必要です。そして、多くのアプリが実行すると、動作が遅い、重い、フリーズ等システムが不安定になっている可能性も高くなります。



多くのメモリを占めることは、多機能なソフトの一般的な問題です。ソフト開発者も常にこの問題に注目しています。さらに、一部の機能は自分にとって必要ないですが、そのメモリ使用量は相変わらず占めると思うユーザーがいます。また、高機能かつ多機能なので、ソフトの使用方法の勉強もちょっと時間かかります。なお、シンプルなソフトは機能がシンプリで、より使いやすいかもしれません。


比較した結果から見れば、この二種類のソフトは互角に進んでいます。これも、Macソフトの世界で、両方がほぼ同じなシェアを占めることも説明されます。しかし、上記の比較を通して、多機能なソフトは大きな可能性があることが分かります。多機能なMacシステムユーティリティソフトMagicanも、メモリやCPUの使用量の問題を重視すると共に、アプリの使い勝手を改良し続けています。



多機能なソフトにしても、シンプルなソフトにしても、ユーザーの皆様にとって価値があれば良いソフトといえます。この二種類のMacソフトが両方ともよく発展してほしいです。そうすれば、ユーザー皆様に、より多くのいい体験を提供可能になるでしょう。