Mac温度管理の必要性について

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

周知のように、温度が高いと、Macのパフォーマンスを下げる可能性があります。さらに、フリーズになるかもしれません。それに、温度があまりにも高い場合、ファン回転数が増え、Macやバッテリーの寿命も縮めます。放置していたり、誤った方法で処置していると、故障をすすめるばかりか、発火を招く、なんてことも実際にありました。なので、普段はMacの温度管理を重視しなければなりません。


Mac発熱熱暴走を抑えるために、基本的な注意点があります。それは、お使いのMacを放熱の悪いところに置かないことです。また、冷却装置の利用も、Macの熱暴走を抑えられます。


私は、Mac温度管理ツールのご利用をお勧めします。リアルタイムでお使いのMacの状態を監視して、随時にシステム状態を把握します。状態を常時監視するMacアプリ---Magicanはお手伝いできます。Magicanのフローティングウィンドウは、CPUとGPUの温度、通信速度、メモリ使用率を表示します。そして、メニューバーに格納できますので、面積が小さく&見やすくて、便利です。






Magicanを利用して、温度の上限値を設定できます。その温度まで高まると、Magicanから警告ポップアップが出ます。




そのポップアップが出ると、一応シャットダウンして、しばらくお使いのMacを休ませてください。もしくは、放熱のいいところに置いて、冷却してください。


Macのパフォーマンスを向上するために、システム状態を常時監視したほうがいいと思います。Magicanを無料ダウンロードして、お使いのMacを監視してみませんか。この無料のMacユーティリティ系ソフトは、Macの稼働状況、CPUとGPUの温度、通信速度がリアルタイムかつ一目で把握出来て、常駐させておけばマルウェアも常時監視してあげます。