OS X Mountain Lionへアップグレードする前に確認すべきこと

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

米国時間2012年7月25日、AppleがMacOS最新版の「OS X Mountain Lion(10.8)」を正式リリースしました!この新しいオペレーティングシステムにアップデートしたユーザーも少なくないです。もし、貴方もOS XMountain Lionへアップグレードする予定がありましたら、以下のことを確認したほうがいいと思います。




1.今お使いのMacがOS X Mountain Lionに対応しているかどうかを確認します。

まず、Macのモデルを確認する必要です。お使いのMacのモデルによってはMountain Lionがインストールできない場合があります。以下の方法でお使いのMacのハードウェア情報を確認してみましょう。一つはMacシステムで確認すること。操作手順は以下となります。画面左上のアップルメニューをクリック→ 【このMacについて】をクリック → 表示されたウィンドウの【詳しい情報…】ボタンをクリック。もう一つの方法は、Magicanを利用することです。Magicanのハードウェアタブで、迅速に情報確認できます。


2.お使いのMacにインストールされているMacのバージョンを確認します。

MountainLionはv10.6.8以降のオペレーティングシステムが必要です。「このMacについて」のウィンドウを開いて、お使いのMacにインストールされているOS Xのバージョンをご確認ください。

Snow Leopard(10.6.*)を使っている場合、Snow Leopardの最新バージョン10.6.8へアップグレードする必要があります。アップルアイコンをクリックして「ソフトウェア・アップデート」を選び、Snow Leopard v10.6.8をインストールしてください。OS X Lion(10.7.*)を使っている場合、そのままMountain Lionにアップグレードできます。


3.アプリの互換性を確認します。

アプリが新リリースしたMountain Lionと互換性がない可能性があります。今使っているアプリがMountain Lionでも使えるかどうかをご確認ください。アプリがMountainLionで使えないであれば、Mountain Lionの魅力も半減ですので、アプリ最新版にアップデートすることをお勧めします。Magican1.1.3以降のバージョンはMountain Lionでも使えますので、安心にご利用ください。


4.データをバックアップします。

普通、Mountain Lion は今お使いのOSにそのまま上書きでインストールされるため、データ消えてしまうことはありません。とはいえ、何らかのトラブルによって初期化せざるを得なかったり、消えてしまうこともあります。念のため、大切なデータをUSBメモリや外付けHDDにバックアップしてください。


上記のことを確認してから、Mountain Lionへアップグレードできます。OS X Mountain Lionでは、豊かな新機能が数々追加されました。さっそくアップグレードしてお楽しみください。