お使いのMac OS Xをメンテナンスする方法

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

使用時間が長くなるにつれて、Macの性能が下がる恐れがあります。Mac OS Xのメンテナンスは、Macの性能を保証します。メンテナンス方法は色々ですが、以下は基本方法を紹介します。


1.定期的にシャットダウン。長時間で使用すれば、Macでシステムやアプリのキャッシュが溜まりやすいです。シャットダウンはプロセスの中止、不要なファイルのクリーンアップ、メモリの節約に役立ちます。いつもスリープ状態を保つMacユーザが大勢います。シャットダウンや再起動したくない場合、Magicanのご利用をお勧めします。Magicanは不要なプロセスを強制終了して、メモリを解放してあげます。また、不要なファイルを削除して、Macのいい調子を保証します。


2.ディスク状況の確認。ディスク状況は、ファイルの安全性に関わります。もしシステムディスクには問題があったら、ファイルの保存にも影響を与えます。さらに、SMART状態、ディスク使用率のチェックも必要です。もし、ディスク修復が必要と発見したら、もっとも便利な方法は、「shift」キーを押して、安全モードでMacを再起動することです。


3.メンテナンススクリプトの実行。設定時間によって、システムはスクリプトを実行して、お使いのMacをメンテナンスします。クラッシュ報告や臨時ファイルのクリーンアップ、システムログのアップデート等が行います。設定時間内で、メンテナンススクリプトの実行時、Macをシャットダウンやスリープしないでください。もし、シャットダウンやスリープでスクリプトの実行にすれ違い場合、Macが起動時、再度クリーンアップします。


4.ソフトウェアやファームウェアのアップデート。アップデートの目的とは、バグを修復することです。ソフト品質の向上にとって、アップデートは間違いなく、有効な方法だと考えられます。MagicanはMac app storeのアップデート情報を提供します。また、そのハードウェアタブで、お使いのMacのファームウェア情報を確認できます。もちろん、アップデートの前に、何か心配事があれば、ディスクのバックアップしてください。万が一、問題が発生する場合、バックアップファイルを復元して、損失を避けます。


5.バッテリーの校正。Macラップアップユーザは月に一回バッテリーを校正したほうがいいです。バッテリーの寿命の保障、バッテリー情報表示の正確性に役立ちます。Magicanはバッテリー使用状況を監視できます。Magicanを利用して、簡単にバッテリーの情報を把握しましょ。




上記以外、Mac OS Xのをメンテナンスする方法はたくさんあります。例えば、無用なアプリのアンインストール、ディスクトップでのアイコンの減少等。何年間を使用した後、お使いのMacの性能は本来のとほぼ同じなら、きっとお使いのMacはちゃんとメンテナンスされます。