Macコンピューターの三つのモード

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

Macを使用しない時、あなたはどうしますか?スリープ、シャットダウン?それとも、Macを起動している状態を保ちますか?どちらが一番いいかな?以下について、この三つの状態それぞれの長所と短所を説明します。ご参考になれば幸いです。




スリープ:間違いなく、スリープ状態はMacが再起動した後、仕事を続けるユーザーにふさわしいです。全てのアプリやファイル、環境設定などを前の状態に戻します。もう一つの長所は、スリープモードから再起動の時間が少ないです。シャットダウンから起動より遥かに速いです。一方、スリープ状態で電力消耗は少ないけれども、消耗しますね。また、スリープ状態でシステムログやキャッシュは削除されません。長時間で溜まっていたら、Macの実行スピードを下げる恐れがあります。なので、あなたは、Macを常時スリープ状態を保つなら、定期的にファイルをクリーンアップしたほうがいいと思います。Magicanはお使いのMacでのログやキャッシュ、無用なバイナリーファイルを迅速にクリーンアップします。


シャットダウン:これは、電力の節約やMacハードウェアの保護、システムゴミファイルのクリーンアップに最もいい方法です。ただ、毎回の起動やシャットダウンは、ちょっと時間がかかります。そして、起動してから、直接に前の仕事を続けられません。この点からいうと、シャットダウンは、いつもMacを使用しないユーザーに適しているようです。


Macを起動している状態を保つ:事情でMacを常時に起動していなければならないユーザーもいます。確かに、起動している状態で、ユーザーが席を外す時でもミッションが続きます。けど、日常のメンテナンススクリプトを実行したい時、お使いのMacはスリープやシャットダウンできなくなります。当然、持続に起動していると、電力の消耗も高いし、ハードドライブやファンにも悪い影響を与えます。普通のユーザーには、長時間でMacを起動することはお勧めしません。お使いのMacをメンテナンスしたい場合、高機能なMacユーティリティソフトMagicanを無料ダウンロードしてください。


普段お使いのはどちらなのか分かりませんが、この記事を読んだ後、どのモードは貴方に適しているか、お分かりでしょう。もしこの記事を気に入っていただけたら、シェアをして頂けると嬉しいです。