Mac OS X Lionのアップグレードパッケージ

http://www.joomla25templates.net http://wordpress.org/plugins/wp-kontaktformular/ facebook like button

1984年以来、Appleが継続的な発展に伴い、Macシステムが多くのユーザーの最初の選択肢となっています。最初は、Appleがグラフィカルインタフェースのオペレーティングシステムの「System 1.0」を開発しました。2001年に、「Mac OS X」が出世しました。「System 1.0」から「Mac OS X」への発展は、コンピューターのオペレーティングシステムが巨大な進歩を遂げていることのしるしです。


毎回Macオペレーティングシステムの開発は、Macユーザーにいくつかの利点をもたらします。Mac OS Xは数回の発展を経験していました。Mac OS Xのパブリックベータ版、Mac OS Xバージョン10.1、Mac OS X バージョン10.2、Mac OS X Panther、Mac OS X Tiger、Mac OS X Leopard、Mac OS X Snow Leopard及びMac OS X Lion。Mac OS X Lionは250個以上の新機能を備えています。


Appleは、そのMacオペレーティングシステムの継続な発展を促します。AppleはMac OS X Lionの最初のアップグレードパッケージをリリースしました。このアップグレードパッケージは、17.4MBのサイズがかかります。Mac OS X Lionのいくつかの欠点があるため、アップグレードパッケージは、システムのデータの問題とアップグレードの互換性の問題を解決しました。また、アップグレードパッケージはWi-Fi、html及びSafariのバグも改善しました。


Mac OS X Lionの最初のアップグレードパッケージは、Macオペレーティングシステムの開発を示しています。新機能は、Macユーザーにもっと利点をもたらす可能性があります。